キャンドル作りで困った時に参考にして下さい

Can-ma Members

きゃんどるマーケットメンバーズ

ログイン

新規登録

メンバーポイント&サービス




カテゴリー


きゃんどるマーケットオリジナル商品
キャンドルワックス添加剤
デコシートカラーワックスパーツ
キャンドル用の芯座金
キャンドル顔料染料
キャンドルフレグランスオイル
モールド
キャンドル手作りキット
キャンドル道具材料
自然素材
ジェルキャンドル装飾材料
アウトレット

手作りガイド


orange-ic.gifワックス使用量の計算

orange-ic.gif安全に楽しむ

orange-ic.gifフレグランスオイル

orange-ic.gif座金の圧着方法

orange-ic.gifワックスの溶かし方

良くある質問
お問い合わせの前に御覧下さい。メールが届かないお客様もこちらをご確認下さい。

ポスト投函便ガイドはこちら




香りのサンプル無料送付サービス

香りのサンプルお届けします!

フレグランスオイルの香りを確かめてからご注文頂けるサンプル無料送付サービスをご利用下さい!

西山蝋燭店


   営業カレンダー
2017年 12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
今日
店休日
2018年 01月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
店休日

・facebook
・twitter

 
■お問合せ全般について

弊店へのお問合せはページ上の「お問合せ」のメールフォームよりお願い致します。
お問合せ頂きましたメールは3営業日以内にご返信をさせて頂きます。
一週間を経過しても弊店からメールが届かない場合、
お客様側の迷惑メールフォルダに入っている場合、または受信設定を変更頂く場合が御座います。
メール設定については下記項目の「メール・配送・お届けについて」をご確認下さい。

お急ぎの場合、商品についてのご質問や在庫・入荷状況などお電話にてお問い合わせ下さい。
尚、キャンドルの作り方や技法のアドバイスなどは行っておりませんので、何卒ご了承下さい。
電話番号:0267-41-3677(14時〜19時)
※営業セールス、勧誘などのお電話は固くお断り致します

<お客様へお願い>
弊店は材料の販売店ですので作り方をお教えする店舗では御座いません。
商品の使い方などについてのお問い合せは承り可能ですが、
具体的な作り方のご相談、制作時の疑問についてはお答え致しかねます。
実践的な技法、制作時の疑問などはキャンドル制作教室などに通われる事を推奨しています。



■商品在庫・入荷情報ついて

商品在庫はショッピングカートに入る数量のみとなります。
数量超過の表示が出る場合は数を減らして下さい。
品切れ商品の再入荷情報は個別にご案内しておりませんので、
各商品詳細ページの「再入荷お知らせ」にご登録をお願い致します。
商品が入荷次第、お客様メールアドレスへ自動的にご案内メールが送信されます。


■購入後の疑問・ご質問について

ご購入後の商品の使い方が解らない場合などはお問合せフォームからご連絡下さい。
尚、具体的な作り方の質問や制作時の疑問などについてのお問い合せは承れません。

■「GMO後払い」払込み用紙の紛失・期限切れについて

●GMO後払い決済でお送りしたハガキタイプの払込み用紙を紛失・期限が過ぎてしまった場合は、
 代金ご請求会社(GMOペイメントサービス株式会社)に直接ご連絡して下さい。
 *弊店にご連絡頂いても再発行手続が出来ませんので直接下記にお問合せ下さい。
 *期限切れの場合は請求書に記載されている 『お問い合わせ番号』を必ず明記して下さい。
 *紛失された場合は請求書発行日にお客様宛にGMOペイメントサービスからお送りしている
  メールに記載されている「お問合せ番号」を必ず明記して下さい。
  (弊店ではお問合せ番号について確認出来ません)
 <お問合せ・ご連絡は下記へお願いします>
 GMOペイメントサービス(株)お問い合わせフォーム:http://www.gmo-ps.com/customer/  
 GMOペイメントサービス(株)お問合せメールアドレス:support_ab@gmo-ps.com
 

■メール・配送・お届けについて

「注文したのにメールが来ない」場合

・ご注文時のメールアドレスを再度ご確認下さい。半角・全角違いなどお間違えが無いかご確認下さい。
・メールソフトの「迷惑メールフォルダ」に入っていないかご確認下さい。
 もし迷惑メールとして振り分けられてしまっている場合は「迷惑メールではない」に設定して下さい。
・フリーメールをご使用の場合、プロバイダーのサーバーにて迷惑メールとして
 振り分けられる場合が御座いますのでご登録プロバイダーのメールフォルダをご確認下さい。

 au/docomoのメールアドレスをご使用の場合で、
 @(アットマーク)前の文字列に「. (ドット)」が2個以上連続している場合や、
 @マーク直前にドットが入っている場合はPC(【弊店側)からのメールが届きません。

 上記の様なメールアドレスは携帯同士の通信は可能でも
 インターネット(パソコンから)では規格外文字列として判断され、
 パソコンなどから送信を試みると「メールアドレス文字列が規格に準拠していない」となり送信自体が出来ません。
 対処法として、別のメールアドレスを使用頂く事をお願い致します。


「ezwebメールを使われているお客様へのご案内」

弊店から送信されるPCメール(自動返信メール・ご注文確認メール・発送完了メール)など
ご指定されたezwebメールアドレスに届かない事例についてご案内します。
ezwebでは迷惑メールフィルタにおいて「なりすまし規制」の設定が御座います。
この設定をされていると弊店からの全てのメールが受信拒否の対象となっている場合が御座います。
対処法として弊店のメールアドレスを[指定受信リスト(なりすまし・転送メール許可)]に登録をお願いします。
同時に弊店メールアドレスを指定受信出来る設定へ変更して下さい。
この設定でも受信が出来ない場合は携帯電話会社にお問合せ頂くか、PCメールアドレスなどにご変更下さい。
通常、送信先でメールが受信されないと宛先不明などで弊店へリダイレクトメールが来ますが、
ezwebはリダイレクトが送信元へ来ない為、お客様からメールが来ない旨のご連絡が無い限り、
弊店側ではメール到着の有無を知りうる事が出来ません。
お客様側の受信設定による原因となりますのでご確認をお願い致します。

「携帯メールアドレス全般をご指定のお客様」

ezweb以外の携帯アドレスにおいても受信が出来ない場合は
弊店のPCメールアドレスを「指定受信」として設定をお願いします。
設定方法につきましては取扱説明書または携帯電話会社にお問合せ下さい。
弊店メールアドレスを指定受信にされた後に弊店へご連絡頂ければ、
ご注文確認メールなど重要なメールを再送信させて頂きますのでご連絡をお願いします。

customer■candlemarket.netを指定受信にご変更下さい
(■を@に変更して下さい)

*弊店から送信させて頂いたメールがお客様受信設定により届かない場合も
 弊店側ではご注文商品の発送お手配を進めさせて頂きます。
 メールが来なかった理由でのご注文キャンセルは承れませんので
 ご注文直後にお届けする「自動返信メール」が届かない段階で
 お電話で問い合わせ頂くか、メール設定を確認頂く様お願い致します。
*弊店からご注文後に「発送保留のためご返信下さい」の旨のメールを
 お届けする場合があります。(ご注文内容確認などの為)
 この場合、お客様からのご返信を頂かないと発送が出来ません。
 ご返信が無い場合は閉店側の判断で一旦ご注文をお取り消し致します。
 原則としてお電話でのご連絡は行いませんのでご了承下さい。


「配送・お届けについて」

ご注文商品の配送は当店指定の配送会社となります。(ゆうパック等)
ご注文商品は内容やサイズに関わらず全て小包として発送させて頂きます。

メール便によるポスト投函でのお届けは行っておりませんのでご了承下さい。

(一部サンプル送付・証書の送付などはメール便となります)

■商品の素材・品質などについて

取扱商品についての成分・効果・効能・有害性・無害性などのご質問は薬事法によりご回答できません。
キャンドルやキャンドルに関わる材料などは雑貨類として取り決められています。
「この香りは○○の効果がある」などの表記やご説明などは当サイトでは行っておりません。
道具・器具などについては取扱説明書を必ずご確認の上でご使用下さい。


ワックスの品質グレードについて蜜蝋を例にご説明します。
蜜蝋は蜂の巣から採取しますが、そのままでは不純物が多く含まれる為、キャンドルとして使えません。
何度も精製を繰り返し不純物を取り除きますが、精製レベルにより燃焼状態に差が出ます。
不純物を多く含む場合、燃焼時にススが出やすかったり炎が小さくなるなどの現象が出ます。
同じ芯を使っても炎が大きくなる物もあれば、鎮火してしまう物もあります。
市販のキャンドル用蜜蝋でもこの様に様々なグレードがありますのでご理解下さい。
販売している各ワックスに対しての芯サイズの目安を表記していますが、
あくまでも弊店取扱品との対応目安ですので、他店ワックスでは基準になりません。

弊店ではキャンドル用として開発された国内外の素材・原料・材料を吟味して販売しています。
専門店として粗悪品を取り扱わない方針の為、素材により大変高価な物も御座いますが、
品質に見合った適正価格でご提供していますのでご理解頂ければ幸いです。

自然素材についてご案内します。
植物や貝殻など自然の素材については個体毎に全ての状態が異なります。
花などの場合、花びらの欠け・枝や茎の折れなども時々御座います。
この為、原則として返品交換は承れませんのでご理解をお願い致します。




<よくある質問集>
 
ジェルキャンドルが濁る 出来上がった ジェルキャンドルが濁る場合は、中に入れた素材に原因があります。
1、パラフィンワックスコーティングした芯を使うと、コーティングのロウ(パラフィン)が溶け出してロウが濁りますので、コーティング処理がされていない生芯を使って下さい。
2、香りを付けた場合、ジェルワックスとの相性が悪く分離したり濁りが出る場合があります。水分を多く含んだ安価な香料は分離しやすく濁りも出ます。また天然エッセンシャルオイルでも分離や濁りの出る物があります。ジェルワックス対応の香料を使って下さい。(弊店取扱いの香料は対応可否を明記しています)
3、砂やパーツに問題がある場合もあります。熱いワックスを流し込む事でパーツが溶けたり砂の細かい粒子がジェルに混ざって濁りが発生する場合があります。
4、着色剤がジェルと相性が悪い場合があります。粉末の顔料や染料の種類により濁りが出る場合があります。弊店取扱いのリキッド顔料(液体顔料)は全てジェルワックスに使用可能です。粉末顔料は濁りが出ます。
ジェルキャンドルの気泡 ジェルワックスはその粘性が強い事で、流し込んだ際の気泡が完全に抜けないのが特徴です。流し込む温度やタイミングなどにより気泡の残り方にも違いが出ます。気泡をあまり入れたくない場合は容器にゆっくりと一定の速さで入れて下さい。それでも気泡は若干入りますが、時間の経過により徐々に気泡は無くなります。ホームページで掲載している画像がクリアな商品も製作当初は気泡が入っていますが時間の経過でクリアになったものです。最初から全く気泡の無いジェルキャンドルを作るのはワックスの性質上、出来ませんのでご理解下さい。
パラフィンのキャンドルの
気泡を無くしたい
パラフィンワックスでキャンドルを作った場合に細かい気泡が入る場合があります。気泡を無くしたい場合は別売のステアリン酸やTCビーズを添加する事で除去出来ます。
パラフィンの亀裂 パラフィンワックスで大きなキャンドルを作ると、温度差などで亀裂が発生する場合があります。この様な現象を抑える方法でマイクロワックスを使用します。マイクロワックスは粘性が強いのでパラフィンに添加する事で亀裂が入りにくくなります。
ワックスランタン ワックスでランタンを作る場合はパラフィンにパルバックスを添加します。パルバックスはパラフィンワックスの強度を高め、固く溶けにくくします。
現在は弊店にてランタン専用に配合したランタンワックスを販売しています。強度があり、簡単にご自宅でワックスランタン作りをお楽しみ頂けます。
キャンドルの炎が小さい キャンドルを作って炎が小さい場合は、その1ランク上の太い芯をお試し下さい。逆に炎が大きすぎる場合は1ランク下の芯でお試し下さい。
他店様で購入されたワックスや芯については弊店では解答出来ません。
カラーリキッドの色合い 弊店取扱いのカラーリキッドは大変濃度が高いので、ほんの僅かの添加で充分な発色が得られるのが特徴です。入れすぎるとリキッドの匂いが強くなりますのでご注意下さい。
色づけはクレヨンでもいいの? キャンドル作りのアイデアを公開している様々なサイトさんでもクレヨンで色づけする方法を紹介されています。クレヨンも着色としては使えますが、あくまでも身近な素材を使った代用品としての意味合いが強く、キャンドル用の顔料ではありません。弊店の立場としてはススが出やすく色むらもありますのでお薦めしません。
蜜蝋キャンドルにひび割れが出来る 弊店取扱いの蜜蝋は国内精製で最高ランクの原料を使用しています。蜜蝋の性質上、収縮率しますので特に冬季など寒い季節に蜜蝋キャンドルを作るとひび割れなどが発生します。ひび割れを起こさない方法としてはパラフィンワックス・マイクロワックスや粘性のある植物性ワックスを添加する対処法がありますが、ブレンドする事で純粋な蜜蝋ではなくなります。全てのワックスに個々の特徴がありますので、その素材の性格をご理解下さい。
芯はタコ糸でも大丈夫? タコ糸はロウソクの炎を点ける糸ではありません。弊店ではタコ糸を使ったキャンドル製作は行った事が御座いませんのでご質問頂いても回答出来ません。ご自身の責任でご使用下さい。
芯が途中で倒れてしまう 芯が倒れる原因は、芯を立たせておく道具の座金(ざがね)を付けていない場合があります。キャンドルの底面を見て芯が一本見えているタイプのキャンドルは座金がありませんので、芯の長さが短くなってくると倒れる場合が殆んどです。フローティングキャンドルなどは殆んど座金がありません。この現象を起こさない為に座金があります。座金を付ける事で芯は最後まで立ったまま燃焼が行われます。製作される形状や用途にもよりますが、安全性を向上させる意味でも座金は付けたほうが良いと思います。
キャンドル周囲が残ってしまう 製品などでは「あえて周囲が少し残る様に」製作する場合があります。これは外側に溶けたロウが流れ落ちない様に安全性を考慮して芯のサイズを調整しているからです。
ご自分でキャンドル製作をして周囲を残さない様に作るには芯のサイズ調整が必要です。若干残る様なら1サイズ太目の芯で作り、炎が大きすぎて流れ出る場合は1サイズ細めに変えて作って下さい。ワックスと芯の組み合わせによりキャンドルの燃え方は変動しますので必ずテストして下さい。
また夏は綺麗に燃焼していても冬は室温が低いなどの要因で周囲が残る場合があります。季節や環境に応じて芯サイズも調節する必要があります。
キャンドル表面にくぼみや穴が出来る ワックスを流し込み冷却すると表面が陥没した様にくぼむ現象はワックスの種類により様々で、これがワックスの性質でもあります。
パラフィンワックスはこのくぼみ(収縮)がはっきりと出ます。また寒い季節ほどくぼみが大きくなります。くぼんだ部分には注ぎ足しをして最終的に平らになる様にして下さい。
蜜蝋は若干のくぼみに加え、亀裂が発生します。
パームワックスは表面のくぼみは出来ませんが、内部に大きな空洞が出来やすい素材です。注ぎ口面が固まってきたら細い穴を開けてそこから注ぎ足しをして内部に注ぎ足しをして下さい。
大豆ワックスはわずかなくぼみが出来ますので注ぎ足しをして下さい。

上記は弊店取扱いのワックスですので他社製については不明です。
ディッピングしたら白い幕の様になった キャンドルを溶けたワックスに浸すのがディッピング法ですが、溶けたワックスの温度が低すぎる場合や、溶けたワックスと入れるキャンドルの温度差が大きいとディップ後に白い幕が張った様な風合いになります。対処法は溶けたワックスの温度をもう少し高くする事です。低温では幕が張り冷却後にパリパリと剥がれ落ちる場合もあります。白いスジ模様が出来るなども同じ原因です。
ワックスベースのフルーツなどは何で出来ているの? 弊店取扱いのワックスベースは主にフルーツやスイーツなどのパーツでキャンドルの装飾として使います。素材はパラフィンベースですのでキャンドルと一緒に燃焼しても全く問題ありませんのでご安心下さい。(ジェルキャンドルの場合は濁ります)
原料については独自配合で作っていますので公開出来ません。
自作のシリコン型でキャンドル側面にくぼみが出来る シリコン原料も多種多様で難しいですが、その型を使って出来上がったキャンドルの側面にくぼみが出来る現象は多々あります。弊店でも大型のシリコン型を使った際にありました。金属型・プラスチック型は全体が一定の温度で下がりますので、この様な現象は滅多にありませんが、シリコン型の場合は型の厚みの違う部分が四方あります。厚みが違うと外気温の影響を受ける状態も異なり、薄い部分は早く冷却し、厚い部分は冷却が遅くなります。この誤差により早く冷却する部分が先に収縮を始めるので、結果としてへこみが出来てしまいます。(寒い時期に見られる現象です)対処法はシリコン型周囲をタオルなどで巻きつけて外気温を直接当たらない様にしたり、ダンボール箱の中に型をいれて箱内部の温度を一定にしてあげる事です。(ご質問頂いたお客様はこれで解決された様です)
季節や環境によって同じ物が出来ないのもキャンドルの難しさでもあり、楽しさです。頑張ってください!
ワックスに入れるフレグランスの量 弊店では通常3%〜5%を目安にご提案しています。
香料の種類により添加可能量は違いますが、多くて8%程度が
限界となります。多く入れ過ぎると混ざりきらない香料は分離して液体のままキャンドル表面などに浮き出てきます。
ワックスの使用容量計算方法 キャンドル作りガイドをご参照下さい。
芯をコーティングするとは? 弊店取扱いの芯で「コーティング芯」というものがあります。あらかじめ生芯にワックス(パラフィン系)でコーティング処理をしたものです。逆にコーティングしていない生芯も多数販売しています。生芯を使う場合は、そのワックスを溶かした段階で芯を浸して芯内部にワックスを沁み込ませるのが目的です。こうする事によりキャンドルが出来上がって火を点けた時に「芯だけ燃えて消える」というトラブルを回避出来ます。ワックスの沁み込んだ芯は静かに燃えながらキャンドルを溶かして燃焼がスムーズになります。買ってきたキャンドルが芯だけ燃えて消えてしまった・・・というのは、このコーティング処理の一手間が無い為に起こる現象です。
コーティングはキャンドル本体に使うワックスと同じである必要もあります。たとえばパラフィン系ワックスのコーティング芯をジェルキャンドルに使用するとジェルに濁り(白濁)が発生します。驚く事にこの芯とジェルワックスの組合せセットが市販品で多く出ていて、何故か弊店にご相談に来られるケースが大変多く正直困惑しています。
香りづけは何でもいいの? キャンドルに加える香料にも様々な種類があります。市販のエッセンシャルオイル(天然100%)でもフレグランスオイル(合成香料)でもキャンドルワックスとの相性があります。綺麗に混ざり合う香料もあれば分離してしまう物もあります。これは決して高価な物なら大丈夫とは一概に言えません。実際にワックスに添加して頂き、相性を見て頂くしか方法がありません。ワックスは全て油性ですので、香料に水分を含んでいる物は全て分離します。またエッセンシャルオイルでも分離や沈殿などが出る物もあります。更にパラフィンには綺麗に混ざってもジェルには分離するなど、オイルの性質も様々です。お手持ちのオイルを使う場合は小さなサンプルサイズで一回試し作りを行い、問題が無ければ大きなサイズを製作されてみる事をお薦めします。
その他、ご質問の多い内容は順次追加します。