Can-ma Members

きゃんどるマーケットメンバーズ

ログイン

新規登録

メンバーポイント&サービス




カテゴリー


きゃんどるマーケットオリジナル商品
キャンドルワックス添加剤
デコシートカラーワックスパーツ
キャンドル用の芯座金
キャンドル顔料染料
キャンドルフレグランスオイル
キャンドルモールド
キャンドル容器
キャンドル手作りキット
キャンドル道具材料
自然素材
ジェルキャンドル装飾材料
アウトレット

手作りガイド


orange-ic.gifワックス使用量の計算

orange-ic.gif安全に楽しむ

orange-ic.gifフレグランスオイル

orange-ic.gif座金の圧着方法

orange-ic.gifワックスの溶かし方

良くある質問
お問い合わせの前に御覧下さい。メールが届かないお客様もこちらをご確認下さい。

ポスト投函便ガイドはこちら




香りのサンプル無料送付サービス

香りのサンプルお届けします!

フレグランスオイルの香りを確かめてからご注文頂けるサンプル無料送付サービスをご利用下さい!

西山蝋燭店


   営業カレンダー
2018年 04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
今日
定休日
2018年 05月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
店休日

キャンドルコンテスト入選作品
・twitter
 
お知らせ
2016/11/15モールドを使ったボタニカルキャンドル制作
現在発売中のポリカーボネート製モールド
<ラウンド70PC>と<ラウンド90PC>での組み合わせ、
<ラウンドPR2>と<ラウンドPR3>での組み合わせで
ボタニカルキャンドル作りの一例として制作手順をご紹介します。
各モールドの使用方法などは商品ページを御覧下さい。


【70PCと90PC】

1)70PCモールド中央に座金付きコーティング芯のLX8を置き、
  溶かしたパラフィンワックスを約250g流し込んで固めます。
  完全に硬化したら取り出して下さい。
2)90PCモールドの中央に取り出したキャンドルをセットします。
  キャンドルとモールドのすき間にボタニカル素材を配置します。
3)BTワックス(スタンダード)を溶かして流し込みます。(約250g程度)
4)完全に硬化したらモールドから取り出して完成です。
ボタニカルキャンドル制作例

【PR2とPR3】

1)PR2モールド中央に座金付きコーティング芯のLX12を置き、
  溶かしたパラフィンワックスを約250g流し込んで固めます。
  完全に硬化したら取り出して下さい。
2)PR3モールドの中央に取り出したキャンドルをセットします。
  キャンドルとモールドのすき間にボタニカル素材を配置します。
3)BTワックス(スタンダード)を溶かして流し込みます。(約350g程度)
4)完全に硬化したらモールドから取り出して完成です。
ボタニカルキャンドル制作例
上記はあくまでも制作例ですので、ご自身のやりやすい作り方で楽しんで下さい。
尚、使用するワックス素材もお好みですが、収縮率の低いワックスや
粘性の強いワックスなどはモールドから抜けなくなる場合があります。
また使用する芯が太すぎる場合など、ボタニカル素材に引火する事もあります。
燃焼する場合は必ず目の届く場所で楽しんで下さい。

2つのモールドを使った制作例のご紹介ですので
ボタニカルキャンドルの制作方法、疑問点、ご質問は承っておりません。
お問い合わせはご遠慮下さる様お願い致します。

重要【2016年5月に行うセキュリティ強化について】

お知らせ一覧