キャンドルの作り方---簡単!手作りキャンドルの作り方シリーズ。キャンドル作りレシピ、自宅で簡単に作れるジェルキャンドル(ゼリーキャンドル)の作り方です!

Can-ma Members

きゃんどるマーケットメンバーズ

---------------

Can-ma member様ログイン


Can-ma member新規登録

---------------

3/20のサイト全面リニューアルに伴い、3/20以前に旧ショップでメンバー登録済みの 方も改めてご登録をお願いします。旧サイトの保有ポイント移行についてはメインページのインフォメーションを御覧下さい。再登録がお済みの方はログインして下さい。


▼メンバー登録特典の詳細▼
ポイント&ご優待サービス詳細


カテゴリー

マンスリー限定企画
キャンドル用ワックス
ワックス添加材料
デコシートワックス
ベース/ワックスパーツ
キャンドル用の芯
芯の座金・付属品
着色顔料 伝統色
着色顔料 パステル/ビビッド
着色染料
液体カラー/ラメ/グロス
キャンドル専用フレグランス
天然エッセンシャルオイル
プラ/ポリカーボネート型
メタル/アルミ型
シリコーン/ペーパー型
キャンドル手作りキット
アーティストキット
キャンドル用の道具
グラス・容器類
ジェルキャンドル装飾品
押し花/自然素材
アウトレット

   

キャンドル作りガイド

orange-ic.gifワックス使用量の計算
orange-ic.gifキャンドル作りの注意点

qa1.png
注文したのに弊店からのメールが
届かないお客様も御覧下さい

キャンドル作り方   

メンバーズフォーラムのご案内


   

営業カレンダー

2014年 08月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
今日
休業日
2014年 09月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     

*休業日前日の正午〜休業日のご注文は翌営業日より発送のお手配、メールでのお問合せは3営業日以内にご返信となります


フォトコンテスト

キャンドルフォトコンテスト

香りのサンプルお届けします!

弊店ではフレグランスオイルの香りをお確かめ頂いてからご注文頂けるサンプル無料送付サービスを行っていますので是非ご活用下さい
香りのサンプル


リンク集

↑モバイルサイト

↑facebook ↑twitter

【運営サイト】

ナチュラルリーフ
きゃんどるマーケットfacebook
きゃんどるマーケットtwitter
手作りキャンドルレシピ
B to B /wholesale
灯蝋 壱徳斎


gsl
 
<キャンドルの作り方 アイデアレシピ集>

←作り方メインページへ戻る
 

 
   




















ジェルキャンドルの作り方


弊店で販売しているジェルワックスを使った基本的なジェルキャンドル作りの製作工程です。
弊店以外で購入された材料についての取り扱いはご購入店でお確かめ下さい。
 
準備する物:
ホットプレート・スプーン(金属)・軽量カップ(ステンレスなど)・ハサミ・ピンセット・耐熱ガラス容器・
フレグランスオイル・ 着色顔料・ジェルワックス・芯・芯用の座金・底敷き用の砂・芯の止め具・
不燃性の装飾品(石・貝殻・ガラス細工など)
(ホットプレートが無い場合は、湯せんする方法もありますがロウが溶けるのに時間が掛かります)

写真で製作したキャンドルは容器サイズが直径5cm高さ6cmのキャンドルポット(耐熱性)を使い、
ジェルワックスは約70グラムを使用しました。ジェルワックスはその材質上、気泡が入ってしまいます。

完全にクリアなキャンドルを作る事は大変難しいですが、
常温でお部屋に置いておくと気泡は徐々に消えて無くなります。(直射日光に当たる場所は避けて下さい)
 
gel6079.jpggel6080.jpg



 
材料と道具の準備

1)作る前に材料と道具が揃っているか確認して下さい。
2)フレグランスオイルや色づけの顔料はお好みです。
尚、市販のアロマオイルの中にはジェルワックスとの相性が悪く、
濁りが出たり分離するものもあります。
この様な場合は弊店取り扱いの材料をお使い下さい。
弊店で販売しているフレグランスオイルは濁り・分離は致しません。
(ジェルに混ぜられないタイプは明記しています)
着色の顔料は液体のリキッドカラーをお薦めします。
粉末タイプの顔料・染料は濁りが発生します。

3)ホットプレートが無い場合は、水を入れた鍋を沸かし
そこにジェルを入れた軽量カップをつけて湯煎して下さい。
湯煎の場合は溶けるのに時間が掛かります。
ジェルの中に水が入らない様にご注意下さい。

4)ホットプレートをご使用の場合は、軽量カップをのせて
ジェルが液体になるまで目盛180度程度で加熱して下さい。
カップの取っ手が熱くなりますので、
取っ手はホットプレートの外側に出る様にし、
持つ時はタオルや軍手を使って下さい。
gel6081.jpg
gel6082.jpg
gel6083.jpg
装飾材料各種

ガラス細工や貝殻・ビー玉・石などが使えます。
木や葉っぱ・ポプリなど植物は熱が加わると泡を噴出し、
また出来上がった後に火を点けると、
植物が燃え出し火災の危険性がありますので、
絶対に使わないで下さい。

底に敷く砂はガラスサンドやパウダータイプの砂が使えます。
底敷きの砂は、ガラス底部の加熱を軽減する目的と、
芯が残りわずかとなった際に火を鎮火させ、
安全性を高める目的があります。

砂の種類によっては、ジェルを流し込むと
色落ちしたり濁りが出る物もありますので、
ご使用前に洗浄・乾燥してお使い頂く事をお薦めします。
弊店取り扱いのサンド類は全て洗浄済みですので、
ご購入後そのままお使い頂けます。

芯の止め具

ご使用の芯が柔らかく、真っ直ぐ立たない場合に
写真の様な止め具(ウィッククリップ)を使い、
芯を真っ直ぐ吊るします。この様な専門的な道具でなくても、
針金などを使う事も出来ますので工夫して下さい。
割り箸に挟んで固定する事も出来ますが、
箸にジェルが着くと泡が出ますので、ご注意下さい。
 
gel6084.jpggel6085.jpggel6086.jpg
gel6087.jpg


gel6088.jpg
gel6089.jpggel6090.jpg
gel6091.jpg


gel6092.jpg
gel6093.jpggel6094.jpg
gel6095.jpggel6096.jpg
gel6097.jpg
gel6098.jpg


gel6099.jpg
gel6100.jpg
gel6101.jpg
gel6102.jpg


gel6103.jpg




 
<製作工程>

ジェルを溶かす
ホットプレートの温度を200度程度にして
ジェルワックスを溶かします。
軽量カップの取っ手が加熱しますのでプレートの外側に向けて下さい。

ほぼ液体になった所で、芯のコーティング処理をします。
芯をワックスコーティングしておかないと、
火を点けた際に芯だけが燃えてしまいます。
ワックスを芯の内部まで浸透させておくことで
鎮火するトラブルを回避できます。

芯を浸すと内部から泡が出ます。
5〜10秒ほど浸したらピンセットで取り出して下さい。

ホットプレートの温度を180度ほどに下げ
カップ内の気泡が無くなるまで待って下さい。



芯のセット

ワックスを溶かしている間に芯のセットをします。
コーティングした芯をグラス中央に置いて下さい。

芯が折れ曲がってしまう場合は止め具で真っ直ぐ固定して下さい。

次に芯の座金(金属部分)が見えなくなるまで
砂やガラスサンドを底に敷いて下さい。


装飾パーツの配置

用意した貝殻やガラスパーツをグラス内部に好きな様に配置します。
その際に出来るだけ芯から遠ざけて下さい。
あまり芯に近い場所に置くと、
炎が近づいた時にパーツが焦げたり割れたりする事があります。


香り付け

溶かしているワックスの気泡が無くなったら
ホットプレートのスイッチを切って下さい。
軽量カップをプレートから下ろし、
温度が120度位まで下がるのを待ちます。
(室温によりますが約5分程)

香り付けをします。ジェルが熱すぎると、
シュワシュワと泡を吹いてオイルが
揮発してしまいますので注意して下さい。
オイルの量は70gのジェルに対して
5〜6滴をポタポタと入れる程度で十分ですが、
量はお好みで調節して下さい。
但しオイルを入れすぎるとジェルが
固まらなく分離しますので、入れすぎにはご注意下さい。

オイルを入れたらスプーンで静かにまんべんなく混ぜ合わせます。
急激にかき回すとジェルに空気が入ってしまいます。


ジェルの着色

色や濃さはお好みで入れて下さい。
顔料や染料を入れたらオイル同様に
静かにまんべんなく混ぜ合わせます。
これでグラスに流し込む準備が出来ました。
この段階でジェルが固まってきて
ドロドロとした状態の場合は、
ホットプレートで140度程度で再加熱して全体を液体に戻して下さい。


流し込み

ジェルを静かに流し込みます。
気泡を出来るだけ出したくない場合は
スプーンやガラス棒を添えて、静かに流し込みます。
但し、ジェルの特性上、どうしても若干の気泡を含んでしまいますので、
完全にクリアに気泡を発生させない方法はありませんのでご理解下さい。

ジェルを入れている最中は同じ速度で流し込んで下さい。
急に早くしたり、遅くしたり、また途中で中断してしまうと
グラス内部に気泡の線(スジ)が出来てしまいます。
ゆっくり一定の速度で流し込んで下さい。

入れる量はグラスの縁より1cm程度低い場所で止めて下さい。
多く入れすぎると火を灯した際に溶けたワックスが
グラスの外に流れ出る危険性があります。
流し終わったら芯が中央にあるか、曲がっていないか確認して下さい。


冷却

全ての工程が終わったら冷却します。
グラスを握って温かさが無くなれば完成です。
冷蔵庫に入れた場合は5〜10分が目安です。
(冷凍庫には入れないで下さい)

完全に固まったら芯の余分な部分を切ります。
ジェルの表面から1cm程の高さで切って下さい。
以上で完成です。

 
*ご紹介している作り方は弊店オリジナルですので一例としてご理解下さい
*器具や道具の使用時は必ずご自身の責任において行なって下さい
*製作時に起こりうる事故や怪我について弊店では一切の責任を負いません
*紹介しているレシピ内容や画像の著作権は放棄しておりませんので転載・掲載は固くお断り致します
*個人の制作としてレシピ活用は構いませんが、営利が伴う教室・ワークショップ等での利用は禁じます


手作りキャンドルレシピ




 

 


一部ワックスの
お値引きセール
開催中です!
詳細は各商品の
詳細ページを
御覧下さいね!
5%〜25%OFF☆
----------------
新規会員登録
で200pointの
お買物ポイントを
進呈中!!