キャンドルの作り方---カラフルなカラーブロックワックスを作ってタイルを貼った様なキャンドルの作り方をご紹介します

Can-ma Members

きゃんどるマーケットメンバーズ

---------------

Can-ma member様ログイン


Can-ma member新規登録

---------------

3/20のサイト全面リニューアルに伴い、3/20以前に旧ショップでメンバー登録済みの 方も改めてご登録をお願いします。旧サイトの保有ポイント移行についてはメインページのインフォメーションを御覧下さい。再登録がお済みの方はログインして下さい。


▼メンバー登録特典の詳細▼
ポイント&ご優待サービス詳細


カテゴリー

マンスリー限定企画
キャンドル用ワックス
ワックス添加材料
デコシートワックス
ベース/ワックスパーツ
キャンドル用の芯
芯の座金・付属品
着色顔料 伝統色
着色顔料 パステル/ビビッド
着色染料
液体カラー/ラメ/グロス
キャンドル専用フレグランス
天然エッセンシャルオイル
プラ/ポリカーボネート型
メタル/アルミ型
シリコーン/ペーパー型
キャンドル手作りキット
アーティストキット
キャンドル用の道具
グラス・容器類
ジェルキャンドル装飾品
自然素材
アウトレット

   

キャンドル作りガイド

orange-ic.gifワックス使用量の計算
orange-ic.gifキャンドル作りの注意点

qa1.png
注文したのに弊店からのメールが
届かないお客様も御覧下さい

キャンドル作り方   

メンバーズフォーラムのご案内



軽井沢ショップ

こちらの店舗でもお求め頂けます
   

営業カレンダー

2014年 10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
定休日
2014年 11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
定休日

*休業日前日の正午〜休業日のご注文は翌営業日より発送のお手配、メールでのお問合せは3営業日以内にご返信となります


フォトコンテスト

キャンドルフォトコンテスト

香りのサンプルお届けします!

弊店ではフレグランスオイルの香りをお確かめ頂いてからご注文頂けるサンプル無料送付サービスを行っていますので是非ご活用下さい
香りのサンプル


リンク集

↑モバイルサイト

↑facebook ↑twitter

【運営サイト】

ナチュラルリーフみち草時間
きゃんどるマーケットfacebook
きゃんどるマーケットtwitter
手作りキャンドルレシピ
NATURAL LEAF CO.,LTD.


gsl
 
<キャンドルの作り方 アイデアレシピ集>

←作り方メインページへ戻る
 

 















 


タイルチップキャンドルの作り方

638 639
6058

6059

6060

6061



 
準備する道具:
ホットプレート・ステンレスカップ・ハサミ・ピンセット
・ステンレストレー・ビニールテープ・カッター・割り箸・
釘とかなづち(穴を開ける場合)・アイロン(クラフト用)

!ホットプレートが無い場合は、湯せんで溶かして下さい
!アイロンは衣類用で使用しているものは使わないで下さい

準備する材料:
パラフィンワックス・芯・顔料・香料


ワックスの準備

1)チップ製作用と流し込み用のワックスを溶かします。
余っているキャンドル等を溶かして再利用するのもオススメです。
カラフルなチップを配列させるのであれば、
流し込み用ワックスはあえて色づけしない状態の
白にするとチップがカラフルに映えます。

写真ではIHヒーターを使った場合と
ホットプレートを使った場合の溶かし方ですが、
湯煎で溶かす方法も可能です。
湯煎の方法は「ロウを溶かす方法」ページを御覧下さい。

2)ワックスが溶けたら色づけの顔料や
香り付けのフレグランスを入れてよく混ぜ合わせて下さい。

3)溶けたワックスに組芯を浸し、コーティングさせておきます。

カラフルなタイルチップを作る場合は、それぞれ色づけをして下さい。

 
6062

6063

6064

6065


 
チップの製作

1)色づけと香り付けが出来たら、
平らなステンレストレーなどに流し込んで下さい。

2)このまま冷却するのを待ちます。

3)表面を指で押して若干沈む程度の硬さになったら
カッターを使ってキャンドルを好きな形状に切ります。
写真ではブロック状に細かくカットしました。

!キャンドルの中がまだ液状の早い段階でカッターを入れると
切った部分から液が染み出ますので、もう少し待って下さい。
あまり早い段階でカットしても、冷却段階でまた接合してしまいます。

4)カットが終わったら、全体が完全に固まるまで放置しておきます。

5)固まったら、トレーからキャンドルを取り出します。
これでキャンドルの模様になるチップが出来上がりです。
6066

6067

6068

6069

6070



 
型の準備

1)コップの底の真ん中に釘などを金槌を使って穴を開けます。
穴の開いている専用モールドの場合は必要ありません。
穴を開ける際は保護手袋を装着し怪我に注意下さい。

2)事前にコーティングしておいた芯を穴に通します。
穴から出た芯が点火する部分になるので、
2cm程度は出しておいて下さい。

3)芯の出している部分を倒して丸め、
ビニールテープなど熱に強いものでしっかりテーピングします。
隙間などがあると、流し込んだ熱いワックスが流れ出るので
厳重に止めて置いて下さい。

4)コップを裏返すと写真の様になっています。

5)キャンドルは冷却すると収縮しますが、
温度の高い場所・季節では収縮率が少ない為、
出来上がった再にコップから抜けない場合があります。
この様な場合はコップの内側に離型液を薄く塗っておきます。
そうするとスムースにコップから
キャンドルを取り出す事が出来ます。
離型液が無い場合はサラダ油で代用出来ます。
6071

6072

6073

6074


 
チップの積み上げ

1)一番底の部分は出来上がり段階では、
一番上になりますので出来上がりイメージを
考えながらチップを置いていきます。

2)底面デザインが完成したら側面に積み上げをします。
側面より中は出来上がり段階では見えませんので、
余ったチップを適当に入れて構いません。

3)多少の揺れで積み上げたチップが崩れる事もありますので、
ピンセット等を使って慎重に乗せて下さい。

4)積み上げが出来たら芯を真っ直ぐ伸ばして
割り箸などで挟んで固定します。

5)流し込み用に温めておいたワックスを流し込んで下さい。
積み上げたチップが隠れるまで入れて下さい。
6075

6076

6077

6078


 
型抜き

冷却段階で中央がくぼみます。
あまり大きく陥没する場合は
ワックスを再度流して埋め込んで下さい。

1)キャンドルが固まったら型から抜き出します。
底に貼ってあるテーピングを剥がして下さい。
型から抜けない場合は、コップの縁を床に軽くたたいてみて下さい。
この段階で底面から出ている芯を切り落とします。

2)キャンドルを取り出したらアイロンで表面を綺麗にします。
まず芯の立っている上面を平に溶かして模様を綺麗に出します。
30秒程度表面が冷却するのを待ちます。
次にキャンドルを持って側面を溶かします。
キャンドルを一定の速度で回転させながら全体を溶かしていきます。
最後に底面を水平にして完成です。
上部の芯を長さ1cm程度残して余分な芯は切り落として下さい。
6054
↑アイロンは動かさず
キャンドルの上面を
アイロンの下側から
上側に垂直にスライドする様に
スーッと移動します
6055

6056
↑側面も加熱面にキャンドルをあてて
下から上方向にスライドさせます
6057
↑最後に底面も下から上方向に
スライドさせます


 
<アイロンを使用する場合の補足説明>

キャンドル表面の模様を綺麗に見せる為に
今回はアイロンを使用します。
ご使用になるアイロンは衣類に使用するアイロンは避けて下さい。
ホームセンターや電気店で安価なアイロンが販売されていますので
クラフト専用としてご用意下さい。

1)温度設定は出来るだけ低温にして下さい。
高温すぎると必要以上にキャンドル表面を溶かしてしまいます。
但し、温度が低すぎると表面に白っぽい模様が残る場合がありますので、
その場合はやや温度を上げてもう一度表面を仕上げて下さい。

2)テーブルには新聞紙などを敷いて溶けたワックスを
受け止めるトレーを必ずセットして下さい。
流れ落ちたワックスがトレーに溜まる様に置いて下さい。

3)アイロンの加熱面はトレーに対して垂直に持って下さい。
また、溶けたロウが手に落ちる場合がありますので
軍手などで手を保護してから始めて下さい。

4)表面を溶かす順序は上面(芯の出ている面)
→側面→底面の順序で溶かします。
溶けたロウは上から下に流れ落ちますので、
まず上面を綺麗に仕上げる事で側面に溶けたロウが流れ、
次に側面を仕上げる事で底面にロウが流れます。
最後に底面を仕上げる事で全体がムラ無く仕上げられます。
1面を仕上げたら表面が冷めるのを待ってから次の面に進んで下さい。
あまり早く持ち替えると指の跡などが表面に付いてしまいます。

5)表面を溶かすポイントとして、
アイロンは垂直に持ったままの状態で出来るだけ動かさない様にして下さい。
垂直なアイロンの加熱面にキャンドルを押し当て、
擦り切るようにサーッと下から上方向に移動させます。
動かさずに付けたままにしておくと、
接合面だけが急激に溶けてしまいますので注意して下さい。
この場合、上から下に摺り切るとキャンドル表面に
溶けたワックスが再度付着して波打った様な跡がのこりますので、
下から上方向にキャンドルを移動させるのがポイントです。

*アイロン使用は技術を要し、危険性もあります。
 スチーム穴や本体接合部の隙間から溶けたワックスが侵入し、
 ショートや発火の危険性があります。
 使用する場合はご自身の責任においてお願い致します。
 弊店ではプロが行う技法の一つとしてご紹介していますが、
 制作時の事故や怪我の責任は負いません。
 ご理解の上でご参考にして下さい。
*ご紹介している作り方は弊店オリジナルですので一例としてご理解下さい
*器具や道具の使用時は必ずご自身の責任において行なって下さい
*製作時に起こりうる事故や怪我について弊店では一切の責任を負いません
*紹介しているレシピ内容や画像の著作権は放棄しておりませんので転載・掲載は固くお断り致します
*個人の制作としてレシピ活用は構いませんが、営利が伴う教室・ワークショップ等での利用は禁じます

*お電話やメールでのご質問は承れません


手作りキャンドルレシピ




 

 
10月限定企画!
10m芯30%OFF☆
-------------
ハロウィーン
限定商品発売中
ご自宅で
ハロウィーン
キャンドルを
作って下さいね
-------------
一部ワックスの
お値引きセール
開催中です!
詳細は各商品の
詳細ページを
御覧下さいね!
5%〜25%OFF☆